K.H's Blog ~ライカM3、エキザクタ ヴァレックスとか

ライカM3やエキザクタ ヴァレックスで撮った写真たち。リコーGXRマウントA12+オールドレンズの写真も。たまにつぶやき。らせん階段と古い床屋のサインポールも充実!※写真の無断転載を禁じます。

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・バレンボイム指揮 シュターツカペレ・ベルリン ブルックナーツィクルス公演/ブルックナー交響曲第5番 

2016.02.14

2月14日、サントリーホールにてダニエル・バレンボイム指揮、シュターツカペレ・ベルリンの演奏によるブルックナー交響曲第5番を聞く。

音楽の解釈とは何か、ということを考えさせられる演奏会だった。

確かにバレンボイムは天才なのかもしれない。何も意識せず、自分の解釈を音にできる。音楽的なバランスは完ぺきだ。オーケストラも完全に掌握している。
オーケストラも、弦のほの暗い音色、正確で豊かな表現を聞かせる管楽器と申し分ない。

しかし、自分にはどうしてもブルックナーという作曲家の崇高な作品をどのように演奏すべきか、そこからどんな哲学を聞かせるか、ではなく、バレンボイム自身が音楽をどう料理したか、という自身の表現の披露としか受取れなかった。
つまり、ブルックナーに耳を傾けるのではなく、バレンボイム自身の音楽観を聞かせるような。

それでは、バレンボイム自身が何に関心を持っていたように聞こえたか。

彼は、ブルックナーをワーグナーとマーラーの間に揺れ動くものと理解しているようだ。

ワーグナーの楽劇のドラマツルギーとマーラーの民謡性や俗っぽさの間を埋めるものがブルックナーである、
そのように聞こえる演奏だった。

そう言う意味では3楽章が最も合点のいく演奏だった。マーラーでよく聞かれるようなオーストリアの民謡は、ブルックナーの音楽にもあるのだ、という点を改めて気づかせてくれた。
その“民謡”の歌い方は特徴的だ。前のフレーズが残ったまま次のフレーズを歌い出す。歌いたくて歌いたくて仕方がない、というように。

それはそれで解釈なのだろう。ブルックナー自身に俗っぽさもあるだろうから、あながち間違いとも言えない。そこは評価すべきなのかもしれない。

しかし、この曲の持つ、宗教的な高みに達しようというような敬虔なキリスト教徒=ブルックナーの側面は、少なくとも自分には感じることができなかった。
キリスト教が持つ世界観を音楽で仰ぎ見るような、この曲が内包しているであろう崇高な理念を、バレンボイムが理解しようとしていないように思えたのだ。

例えば4楽章。ゴシック建築の大聖堂の石を1つ1つ積み上げるような主部のフーガや第3主題がまるでカリカチュアみたいな混沌として提示され、コラールも力強さはあるものの、荘厳な空気とは全く別の世界。フィナーレまでは、混乱に拍車をかけるようなアッチェルランドを駆使したせわしない音楽が続き、そこから一転、もったいぶったようなテンポのコラール主題に至る。そして最後は倍管編成の大仰な音。

金管楽器に倍の人数を揃え、ティンパニを2組用意してまで表現したかったものは何か。そこからはマーラー的な誇大妄想しか捉えることができなかった。
ワーグナーは自分自身を尊大な存在と思っている節がある。バレンボイムもそのような自身をブルックナーの音楽で表現したかったのか。

あまり個人的な感想は挟みたくないのだが、その誇大妄想的な世界観を心底腹立たしく感じてしまった。
世界の頂点に立つのは神ではない。偉大な存在による偉大な精神なのだ――ブルックナーの敬虔な気持ちが踏みにじられ、凌辱されていく。
私は一切の拍手をせず、会場を足早に去った。

このほかにも、2楽章の冒頭からしばらく手摺りに手をかけ、指揮棒を振らない様や、
4楽章のはじめのころ、クラリネットが謎かけのように2楽章の主題などを導くところで、こともあろうに尻を振って指図するような傍若無人とも思える様子は、見るに堪えない行為であった。

作曲とは作曲家の思想を音楽にすべく、譜面にすることだと考えている。指揮者はその作曲家が描きたかったものを謙虚に捉え、解釈に解釈を重ねる。
ブルックナーの場合それが大変に困難で、楽譜をそのまま音にすればよい、という考えが跋扈し、今日に至っている。
これに対し、バレンボイムの音楽は自身の感覚に根ざしている。一方で、過去のブルックナー指揮者が持っていた演奏様式や、ある方向性を目指す姿を捉え、それを十分に身につけている。

バレンボイムの今日の演奏に足りない点は、作曲家への謙虚な態度ではないか。
自身の思い込みが激しい、というか自分自身の頭の中でしか演奏ができない人物のように思えてしまう。

今回の演奏会はブルックナーチクルスの一環だ。10日程度の日程で全曲演奏ができる訳を知ったような気がした。
バレンボイムには楽譜の底にある作曲家の苦悩や世界観、哲学を考え抜く必要はない。彼は自分の天賦の才を音にするだけで十分だからだ。
これを天才と取るべきなのかどうか――私には少なくとも理解できない。
(160215加筆)
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : バレンボイム ダニエル・バレンボイム シュターツカペレ・ベルリン ブルックナーツィクルス ブルックナー 交響曲第5番

レトロサインポール~Exakta varexⅡaにて その62 

2016.01.28

026733.jpg

これは大好きなサインポールでねえ、ちょいちょい定点観測しています。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : バーバーサイン レトロ サインポール エキザクタ ヴァレックス Exakta varexⅡa ビオター 58mm

レトロサインポール~ライカ M3にて その67 

2016.01.26

008_20160118220112c79.jpg

最近、アンジェニュー28mmの描写があらためて好きになりました。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : ライカ M3 レトロ サインポール バーバーサイン アンジェニュー 28mm R11

読響 スクロヴァチェフスキ指揮 特別演奏会 《究極のブルックナー》 

2016.01.23

1月23日、東京オペラシティコンサートホールでスクロヴァチェフスキ指揮のブルックナー交響曲第8番を聴く。

ブルックナー演奏をいくつか聴いた中でも、楽譜の読み込みとその表出という点では最も感銘を受けた演奏だった。

音は渋く、重心の低い音が続く。
そうした中、楽譜にはこんな音形が書かれているんだ、とか、こんな楽器の組み合わせなんだ、という発見が次々と聞こえる。

それが以前だと、どこか飛び出して聞こえるように、不自然さを感じていた部分もあったのが、
今日のスクロヴァチェフスキの演奏はきわめて当然のように提示され、それでいてさまざまな音形やリズム、強弱によってこの曲が成り立っていることを教えてくれる、そんな演奏だった。

彼は楽譜を解釈するのではなく、読み込んで読み込んで、音にするタイプなのだろう。
クレンペラーも管楽器を大切にするなど、音の明確さには細心の注意を払い、スクロヴァチェフスキと同様の方向性であるように見える。

クレンペラーの場合、強烈な意思が音楽にまで表出され、そこに叙事詩的な啓示が現れる。
しかし、スクロヴァチェフスキの場合、意思はない。ただ究極に音となったものがなるだけである。
これはこれで、92歳の指揮者が到達した一つの世界観だろう。
だから各楽章による性格分けなどはあまり聞こえてこず、一本調子のようにも聞こえる。
1楽章の「音」、2楽章の「音」はそれぞれこうして構成される、ということを示すことで、
各楽章がおのずと「違うもの」として現れる。そんな音楽である。

楽章では2楽章が最もおもしろかった。
こんなにリズムが次々と隠れているのかと、その音符を書いたブルックナーの才能を再認識させられる。
1楽章はおどろおどろしくなく、悲劇的でもなく、太い鉛筆できっちりと輪郭を描き、その中に濃淡を白と黒で塗り分けていく、そんな音楽であった。
3楽章も同様。感動的ではないが、とにかく音の変化に強い印象を受ける。
白黒でこれだけ変化が描けるのか、という感銘である。ここに自然をめでる姿とか、そういった“解釈”はない。
しかし、相当に立派なものだ。

4楽章はかつての鋭角的なスクロヴァチェフスキが最も蘇ったような気がする。
テンポは概して早く、最後もそっけないくらい。
でも、「楽譜読み込みの巨匠」が音に出し切った感はあり、その到達点はやはり立派だ。

最後に。
・楽譜上の最後の音が終わってすぐに「ブラボー」と叫ぶ愚か者は、指揮者の最大の敵である。
・東京オペラシティコンサートホールの設計者は、コンサートホールは1階席で聞くもの、左右のバルコニーなど不要、と思って設計したらしい。
 ヴァイオリンが全く見えない席など、ニ度と購入したくないものだ。

続きを読む »

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : 読響 スクロヴァチェフスキ 特別演奏会 ブルックナー 8番 東京オペラシティコンサートホール

レトロサインポール~ライカ M3にて その66 

2016.01.22

026819.jpg

夏の夕暮れにぴったりなサインポールバーバーサインでした。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : ライカ M3 沈胴ズミクロン レトロ サインポール バーバーサイン

レトロサインポール~ライカ M3にて その65 

2016.01.21

026805.jpg

こちらも昨年の夏の撮影。
あの日は練馬を徘徊したのですが、とても釣果ありの1日でした。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : ライカ 沈胴ズミクロン M3 レトロ サインポール バーバーサイン

レトロサインポール~ライカ M3にて その64 

2016.01.20

026804.jpg

年も明け、すっかりご無沙汰してしまいました。

ぼちぼちですが、ゆるゆると掲載を続けたいと思います。

バーバーサイン、半年ぶりの掲載となってしまいました。
ひとえに満足できる写真がなかったからです。

ようやくよさげ(!?)なものが撮れましたので、いくつか載せたと思います。

これは去年の夏のもの。



テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : ライカ M3 沈胴ズミクロン レトロ サインポール バーバーサイン

2015.12.08 キング・クリムゾン来日公演を聴いて 

2015.12.09

12月8日、渋谷のオーチャードホールにて、 キング・クリムゾン来日公演を聞く。

キング・クリムゾンは結成以来、〝人事〟が一つのキーワードだったように思う。これ以上望めない最高のメンバーがそろったこともあった一方、音楽性や生き方の違いなどで、分裂と結成を繰り返してきた。

こうした中、今回のメンバーは〝がさつなクリムゾン〟を生み出してしまったようだ。

これまでキング・クリムゾンは、オスとメスというような、両性の面を兼ね備えていたと理解している。例えばピート・シンフィールドの歌詞、デヴィッド・クロスのヴァイオリン――エイドリアン・ブリューのあの神経質でつかみどころのないギターだって、ある意味〝おきゃんなオンナ〟を思わせる。
それが今回、〝オス〟の面しか見られなくなってしまったように思う。バンドにおける繊細さは目的から外されてしまったようだ。

時に「ディシプリン」というテーゼを掲げ、ち密さや緊張感で圧倒してきたバンドは、その部分を失ってしまったように感じた。

例を挙げよう。

「スターレス」でヴォーカルのブロックが終わり、単音のギターを奏でる部分。今回はヴォーカルのジャッコが担当したのだが、
リズムが走り気味になったり、音が均一でなかったり、とてもフリップが奏でるような緊張感がないのだ。
この部分を聞いた時、あんな単音をただ鳴らすだけの音楽がいかに難しく、そしてロバートがいかに優れたギタリストなのか痛感させられた。

ジャッコのヴォーカルは音程といった点は評価できるかもしれない。しかし、どの歌もスタッカート気味でフレージングが短く、かつ単一な解釈で、どの曲も同じように聞こえてしまう。「レターズ」の愛する人を失った者が死を選ぶ前の情念とか、「エピタフ」の諦念など、曲の前半で必要な解釈を理解していない印象だ。
かつてボズ・バレルのことをピート・シンフィールドが叱責したエピソードを思い出す。
「君はだから無知だっていうんだよ」

リズム隊はトリプル編成。最初その話を聞いた時、ガムランのような音楽を奏でるのが目的で、そのうえで、音量をカバーするための編成なのだと勝手に勘違いしていた。
それはまったく違った。どの曲でも叩きまくりで、しかも同種のドラマーが揃ってしまったため、異なったリズムの捉え方による掛け合いといった面白さや、ち密で繊細な感覚は聞かれない。「スターレス」の単音ギターの裏で聴かれるパーカッションも前半からうるさく、「エピタフ」の壮大なラストに向けた静的なアプローチ、「セイラーズ・テール」のラストのカオスに向けた躍動は台無しになってしまった。

知的でち密な部分が聞かれたのはフリップのギターとトニーのベースだけ。
リズム隊の大きすぎる音量に、メル・コリンズを筆頭にドラマー以外のメンバーがバランス面で相当苦労してる様子が見られたように思えたのは私だけだろうか。

大音量というダイナミズムがテーマで、いつまでも「プログレッシブ・ロック」の枠にはまらない、これまでの音楽性の破壊を自ら行った、という方向だった、との解釈もできよう。
しかし、3人のドラマーを並べ、前述の面を無くしたことが、良い結果を生み出したとは、残念ながら思えなかった。

3人のドラマーを並べるアイデアは使い方次第では面白いだろう。今回もフレーズを左右のドラマーで分けるなど工夫もあった。テクニックもわかる。しかし、手数やパワフルさを基調に置いた叩き方の3人が並ぶのは人事面の失敗のように思う。
生真面目さと理知性とは異なるものだ。

この人事がうまい形で刷新され、ち密さや知性が戻ることを期待したい。

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

タグ : キング・クリムゾン 来日公演 オーチャード・ホール ロバート・フリップ

サンバ 2015 その6 

2015.09.18

0059021.jpg
0060015.jpg

やはり、どうしても撮りやすい被写体に偏ってしまいがちになるんですよね。
踊り子さんの人数が少ないとか。

という訳で、最後に2つほど。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 立石 サンバ

サンバ 2015 その5 

2015.09.17

0060010.jpg

そういえば、この踊り子さん、以前見たことがあります。

同じ衣装を何年も身につけるんだな、と知る今日この頃。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 立石 サンバ

サンバ 2015 その4 

2015.09.16

0060012.jpg

絞りは2.8。
シャッタースピードは100分の1。

サンバはシャッタースピードが命です。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 立石 サンバ

サンバ 2015 その3 

2015.09.15

0060007.jpg

どうも今年のサンバフェスは天気に恵まれないようだ。
浅草サンバもしかり。

今年の立石サンバも曇天。
そんなわけで、レンズは常に開放=F2.8で撮影することに。
とはいえ、なかなかの描写じゃないですか。

紆余曲折あったものの、シュタインハイル オートDキナロン、なるほど使えます。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 立石 サンバ

サンバ 2015 その2 

2015.09.14

このレンズって、黄色とか光沢あるものにビビットに反応する感じ。


テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 立石 サンバ

サンバ 2015 その1 

2015.09.14

0060009.jpg

ずいぶんと更新が途絶えてしまった。

今年は浅草のサンバを観に行けなくて、立石サンバです。

カメラはエキザクタ、レンズはシュタインハイルオートDキナロンです。

このレンズ、肉体を撮るとすごくいい描写をします。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 立石 サンバ

夜景~シュタインハイル オートDキナロンにて 

2015.07.05

4893019 F11 30sec

先日「モリッツ」という店で買ったシュタインハイル オートDキナロンが不良品で、
早田カメラで調整のうえ、ようやく使えるようになりました。

故あって、夜景に精進したい今日この頃。

カメラはもちろん、エキザクタ ヴァレックスです。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 早田カメラ モリッツ

熱戦を支える その2 

2015.06.30

4894016.jpg
4894020.jpg

元気な人をみると、こちらも元気になれます。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートテレキナー Auto-Tele-Quinar 135/3.5

レトロサインポール~Exakta varexⅡaにて その61 

2015.06.30

4893029.jpg

これ、数年前に撮ったことあるんですよね。実は。

まだ残っていたのかぁ!という嬉しさと、フィルムカメラで収めたかったので。

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートテレキナー Auto-Tele-Quinar 135/3.5 レトロ

レトロサインポール~Exakta varexⅡaにて その60 

2015.06.29

こちらもなかなかいい被写体に巡り会わず、ご無沙汰してしまったサインポール。
3連というレアなものに遭遇しました。
レンズはシュタインハイルAuto-Tele-Quinar 135/3.5
4893035.jpg

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートテレキナー Auto-Tele-Quinar 135/3.5 レトロ

熱戦を支える その1 

2015.06.29

しばらく更新が途絶えてしまいました。
なかなかアップできる写真が撮れなかったのでした。

都市対抗野球のシーズンとなりました。

シュタインハイルAuto-Tele-Quinar 135/3.5にて。
人物写真を撮るとき、シュタインハイルのレンズの素晴らしさに最近、感銘を受けています。

4894019.jpg

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートテレキナー Auto-Tele-Quinar 135/3.5

Exakta varexⅡaでポートレート その19 

2015.05.18

002_20150516190703d88.jpg

先に申し上げましたとおり、シュタインハイルオートDキナロン35mmレンズを手に入れまして。

凄い逆光でしたが、初めて撮った写真を載せます。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta varexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートDキナロン 35mm

 | HOME |  »

プロフィール

K.H(元バッチク)

Author:K.H(元バッチク)
紆余曲折を経て、誰が付けたか名前はバッチク。
ライカM3とエキザクタ ヴァレックスをメーンカメラに、輝いている人々を撮ってます。モノ系では、レトロなサインポール、らせん階段、給水塔、ベランダ、教会、トラス、工場とかとか。
以前のメーン機材はリコーGXR。
たまに文書も書きます。

2012年4月、リニューアル。
2013年2月、らせん階段の写真、90アイテムに!
2013年4月、ライカM3始めました。
2013年11月、元祖35mm一眼レフ、Exakta VarexⅡaを投入!

月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
検索フォーム
RSS
RSS登録er
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。