K.H's Blog ~ライカM3、エキザクタ ヴァレックスとか

ライカM3やエキザクタ ヴァレックスで撮った写真たち。リコーGXRマウントA12+オールドレンズの写真も。たまにつぶやき。らせん階段と古い床屋のサインポールも充実!※写真の無断転載を禁じます。

<<政党政治からの発展  | ホーム | 沈胴ズミクロンでポートレート その28>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政党政治の終焉 

2012.06.26

消費税増税法案が衆院を通過した。

これに関し、野田総理側、小沢一郎&鳩山氏側双方から公約をめぐり、非難合戦が始まっている。

いわく、野田総理は公約違反だと。

しかし、小沢氏、鳩山氏側からは、そもそも実現不可能な公約を掲げたこと、公約を履行する政治力を発揮できなかったことの反省はない。
まして、普天間問題を後退させ、CO2削減のため、原発推進を唱えていた鳩山氏の発言は何を言わんやかだ。

今回のことではっきりしたのは、政党政治は崩壊したことではないか。

結局、公約は守られないし、その甘い公約に乗ってしまう、国民も問題だ。
小沢なら実現できたはず、という意見もあるが、それだけ個人に依拠するのはもはや政党政治ではない。
それともわれわれは独裁者を望むのか。

増税をめぐり、総選挙で民意を問え、という。
しかし、自民はもともと増税派、増税反対の野党も、では財源はあるか?という問いに一切答えられない。
結局、どの政党の選べない、と言うのが民意ではないか。

役人の埋蔵金を暴く?結局そう言って何も出てこなかったのは明白。
役人がけしからん?そういうシステムを放置していたのが自民党だった?しかしあれから3年経って、何が変わっただろうか。
変わらない、ということは今のシステムでは何も変えられない、と考えるのが妥当ではないか。

つまり、政党政治と言うシステム、官僚が予算案を作り、国会で承認する、と言うシステムが崩壊したということ。

政治家というオイルを自民党から民主党へ乗せ換えても変わらないのだから、
結局システムが悪い、というのが結論ではないか。
それを選挙で民意を、なんて言ってもしょうがないのでは。
政党が変わっても、中の政治家は変わらない。それで変わらないのは小沢一郎本人がすべて証明している。

結局、政党政治を変える、それがすぐに無理なのであれば、選挙の方法を変える、政治家が選挙の方法を変えられないのならば、
国民の側が、現行の法に触れず、かつ公安などの力の及ばない合理的かつ効果的な方法を模索し、実施し、
政治家を動かしていくしかないのではないか。
その方法、プロセスを考える時期に来ていると考える。

このごに及んで、保守だ、革新だ、右翼だ左翼だ、原発推進だ脱原発だ、といった古いイデオロギー論争をしている場合ではない。
ネット・SNSの時代に、フランス革命由来のイデオロギー論争しかできないのは、
それこそ国民・市民の側が前時代的ではないか。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 民主党 政党政治 小沢一郎 選挙

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://battik.blog116.fc2.com/tb.php/4356-9c23fcf0

 | HOME | 

プロフィール

K.H(元バッチク)

Author:K.H(元バッチク)
紆余曲折を経て、誰が付けたか名前はバッチク。
ライカM3とエキザクタ ヴァレックスをメーンカメラに、輝いている人々を撮ってます。モノ系では、レトロなサインポール、らせん階段、給水塔、ベランダ、教会、トラス、工場とかとか。
以前のメーン機材はリコーGXR。
たまに文書も書きます。

2012年4月、リニューアル。
2013年2月、らせん階段の写真、90アイテムに!
2013年4月、ライカM3始めました。
2013年11月、元祖35mm一眼レフ、Exakta VarexⅡaを投入!

月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
検索フォーム
RSS
RSS登録er
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。