K.H's Blog ~ライカM3、エキザクタ ヴァレックスとか

ライカM3やエキザクタ ヴァレックスで撮った写真たち。リコーGXRマウントA12+オールドレンズの写真も。たまにつぶやき。らせん階段と古い床屋のサインポールも充実!※写真の無断転載を禁じます。

<<F4礼賛  | ホーム | Exakta varexⅡaで秋を撮る その3>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラの“不便さ”とは? 

2013.11.20

最近エキザクタのカメラを買った。

ビオターレンズの写りも素晴らしく、操作も快適。巷で言われている“不便”“使いにくい”との評判はなんだったのだろうと思うほどだ。
どうも操作が左、と言うことにその原因があるようだ。

でもそれって慣れもありますよね?

どうもコレクター的なカメラの評価は苦手だ。たいてい一回程度触った感じでカメラを評価し,写真を撮るという目的や写真の出来から使いやすさを見ていないように思える。そういうのに限ってカメラ本体の写真=デジカメで撮った写真ばかり載せている。

使いやすいカメラ=よい写真とは限らないだろう。そのカメラを使いこなせているかどうかも大切だと思う。

エキザクタは左利き用の操作に慣れてしまえば、カメラとしての機能は充分だ。

正確なシャッタースピード。
確実なフィルム巻き上げ。
ビオターの半自動絞りを使えばファインダーも明るく、なにより見やすい。

むしろフィルムの装填のしやすさや、ファインダーは、ライカM3より使いやすい、と言えるのではないか。

もちろん、F1など、高速の物体を追いかける、みたいな写真には向いていないとは思うけど。
スポンサーサイト

タグ : エキザクタ Exakta varexⅡa 便利

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://battik.blog116.fc2.com/tb.php/4721-cc2424c9

 | HOME | 

プロフィール

K.H(元バッチク)

Author:K.H(元バッチク)
紆余曲折を経て、誰が付けたか名前はバッチク。
ライカM3とエキザクタ ヴァレックスをメーンカメラに、輝いている人々を撮ってます。モノ系では、レトロなサインポール、らせん階段、給水塔、ベランダ、教会、トラス、工場とかとか。
以前のメーン機材はリコーGXR。
たまに文書も書きます。

2012年4月、リニューアル。
2013年2月、らせん階段の写真、90アイテムに!
2013年4月、ライカM3始めました。
2013年11月、元祖35mm一眼レフ、Exakta VarexⅡaを投入!

月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
検索フォーム
RSS
RSS登録er
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。