K.H's Blog ~ライカM3、エキザクタ ヴァレックスとか

ライカM3やエキザクタ ヴァレックスで撮った写真たち。リコーGXRマウントA12+オールドレンズの写真も。たまにつぶやき。らせん階段と古い床屋のサインポールも充実!※写真の無断転載を禁じます。

<<ポルトガル風景 その3  | ホーム | ポルトガル風景 その2>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル風景 その3 

2014.08.14

140807(11).jpg

こういう風景を撮るのが好きです。

この時、8日間ほどずっとエキザクタヴァレックスⅡaにビオター58mmとフレクトゴン25mmを付けて撮り続けたけど、
巻き戻しレバーを完全に巻き切ってなくて、フィルム重なりが2回ほどあったけど、
それ以外はトラブルなく写真が撮れた。

これって意外とすごいことだと思う。だって1959年ごろのカメラがほぼきちんと動く、ということで。
失敗が自分のせいになるところは機械に頼らなくて済むという意味で、ストレスがない。

また、レンズの良さにも感心した。
ヨーロッパの狭い路地を撮るにはフレクトゴンの広角がとても良くて。
ビオターの温かい描写は温かい街の雰囲気を撮るのに適している。

こういう古いレンズ、あるいはフィルムで撮ると、
子どものころ胸をときめかした学研の図鑑や、図書館にあった「世界の旅」的な本の写真を思い出す。
あの描写とそっくりなのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 街の風景 - ジャンル : 写真

タグ : エキザクタ ヴァレックス Exakta varexⅡa ビオター 58mm

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://battik.blog116.fc2.com/tb.php/4901-a9b3b356

 | HOME | 

プロフィール

K.H(元バッチク)

Author:K.H(元バッチク)
紆余曲折を経て、誰が付けたか名前はバッチク。
ライカM3とエキザクタ ヴァレックスをメーンカメラに、輝いている人々を撮ってます。モノ系では、レトロなサインポール、らせん階段、給水塔、ベランダ、教会、トラス、工場とかとか。
以前のメーン機材はリコーGXR。
たまに文書も書きます。

2012年4月、リニューアル。
2013年2月、らせん階段の写真、90アイテムに!
2013年4月、ライカM3始めました。
2013年11月、元祖35mm一眼レフ、Exakta VarexⅡaを投入!

月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
検索フォーム
RSS
RSS登録er
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。