K.H's Blog ~ライカM3、エキザクタ ヴァレックスとか

ライカM3やエキザクタ ヴァレックスで撮った写真たち。リコーGXRマウントA12+オールドレンズの写真も。たまにつぶやき。らせん階段と古い床屋のサインポールも充実!※写真の無断転載を禁じます。

<<夏の終わりのサンバ2014 その3  | ホーム | 夏の終わりのサンバ2014 その1>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりのサンバ2014 その2 

2014.09.12

14志村サンバ by Auto-tele-Quinar (3)
14志村サンバ by Auto-tele-Quinar (4)

いくら諸氏がライカを最高のスナップカメラに推そうとも、
自分には、ライカは静物的なスナップでの使用が中心になりそうな気がする。というかそうなんだと思う。

レンジファインダーは動く対象には向いていない。
絞りを絞り、被写界深度を深くする、という方法もあるだろうけど、これらの写真のシャッタースピードは100分の1。
絞り値は4だ。
明るさだけ考えればもっとシャッタースピードを落とすこともできるが、動く対象ではそうもいかない。

ということは、秋の夕暮れのこうしたスナップはこれ以上絞れないわけで。
そうなると解放近くでしっかりとピントを合わせる必要が出てくる。

その時、ライカのレンジファインダーでは、いくら見やすくても合わせ辛いのだ。
羽とか、連続する形状のものは特に合わせ辛い。

そうなると一眼レフとなる。
エキザクタとなると、ミラーが上がって、撮りにくいのではないか、との意見もあるけど、
シャッターのタイムラグがほとんどないから、呼吸さえつかめば、それほどシャッターチャンスを逃すこともない。

しいて言えば、フィルムの巻き上げが素早くとはいかないので、連写は厳しい。
でも、ライカの巻き上げよりも遅いと感じたことはない。

いずれにせよ、ライカ=最高のスナップシューターはやや言い過ぎで、
静的なスナップで最高、ぐらいではないか。
スポンサーサイト

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : Exakta VarexⅡa エキザクタ ヴァレックス シュタインハイル オートテレキナー Auto-Tele-Quinar 135/3.5

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://battik.blog116.fc2.com/tb.php/4914-440262b4

 | HOME | 

プロフィール

K.H(元バッチク)

Author:K.H(元バッチク)
紆余曲折を経て、誰が付けたか名前はバッチク。
ライカM3とエキザクタ ヴァレックスをメーンカメラに、輝いている人々を撮ってます。モノ系では、レトロなサインポール、らせん階段、給水塔、ベランダ、教会、トラス、工場とかとか。
以前のメーン機材はリコーGXR。
たまに文書も書きます。

2012年4月、リニューアル。
2013年2月、らせん階段の写真、90アイテムに!
2013年4月、ライカM3始めました。
2013年11月、元祖35mm一眼レフ、Exakta VarexⅡaを投入!

月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
検索フォーム
RSS
RSS登録er
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。