K.H's Blog ~ライカM3、エキザクタ ヴァレックスとか

ライカM3やエキザクタ ヴァレックスで撮った写真たち。リコーGXRマウントA12+オールドレンズの写真も。たまにつぶやき。らせん階段と古い床屋のサインポールも充実!※写真の無断転載を禁じます。

<<若者たち その5  | ホーム | 若者たち その3>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者たち その4 

2014.11.19

CNV000013.jpg

CNV000011.jpg

ありがとう。

ライカM3の魅力を語る人で、シャッター音とか、巻き上げレバーの感触を挙げる人が多いけど、

巻き上げレバーの感触って、実際の撮影に大事かな。
滑らかだろうがなんだろうが、確実に巻ければよいのだ。
そういう意味で、2回巻き上げの方が感触がいい、という意見は承服できない。
昔のフィルムが静電気で影響するから、ゆっくり(?)巻く2回巻き上げとなったわけで、
改良して1回になったのだから、わざわざ感触だけで、2回巻上げを賞賛するのはいかがなものか。
小刻みに巻きたいので、とかいう意見も、ライカM3の構造上、あまり褒められたものではないようで。

写す行動以外の諸々でライカを褒める人が多いだけに、ちょっと引いてしまうのだ。
もっと撮るという視点でライカを捉えたいものだ。

その点、シャッター音の静かさへの賞賛は理解する。
自然な表情が撮れることが多いから。
ただ、これも過度に音にこだわらないように肝に銘じたいところだ。

どうもライカって、触る道具として褒める人が過剰に多い気がする。
スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント - ジャンル : 写真

タグ : ライカ M3 沈胴ズミクロン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://battik.blog116.fc2.com/tb.php/4949-16e70a58

 | HOME | 

プロフィール

K.H(元バッチク)

Author:K.H(元バッチク)
紆余曲折を経て、誰が付けたか名前はバッチク。
ライカM3とエキザクタ ヴァレックスをメーンカメラに、輝いている人々を撮ってます。モノ系では、レトロなサインポール、らせん階段、給水塔、ベランダ、教会、トラス、工場とかとか。
以前のメーン機材はリコーGXR。
たまに文書も書きます。

2012年4月、リニューアル。
2013年2月、らせん階段の写真、90アイテムに!
2013年4月、ライカM3始めました。
2013年11月、元祖35mm一眼レフ、Exakta VarexⅡaを投入!

月別アーカイブ
カテゴリー
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
検索フォーム
RSS
RSS登録er
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。